kueriの日記

ランニング、筋トレ、evernote、toodledoなど

行政書士の勉強(贈与契約)

日々勉強したことを少しずつ出していこうということでこちらに書いていこうと思います。
間違いあればご指摘お願いします。

第549条
贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。


贈与契約→贈与者が受贈者に対して無償で何らかの財産を分け与えること。
     典型契約の種類としては片務、無償、諾成契約となり、両者間で意思が合致したときに契約が成立する。

書面によらない贈与契約は原則として両者とも自由に撤回できる

→書面によって権利が移転することの意思を明確にして後の紛争を防止すること、書面の作成をすることで軽率な贈与を防止することが理由。但しすでに履行が終わってしまった分は撤回はできない。

ううむ…履行が終わってしまった分というのはちょっと「ん?」と引っかかるところだったのですが、動産、不動産で取り扱いが微妙に違うらしいので注意が必要そうです。

ちなみに動産を贈与する場合は(占有改定、指図による占有移転を含んで)引き渡しの終了時をもって履行の終了。不動産の場合は引き渡し、もしくはその不動産の登記時をもって履行の終了、とみるようです。

まぁ確かに贈与する意思があるから実際にあげちゃったわけで、思ってもないのに軽はずみに、しかも本当にあげたりは流石にしないですよね。

第551条
贈与者は、贈与の目的である物又は権利の瑕疵又は不存在について、その責任を負わない。ただし、贈与者がその瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかったときは、この限りでない。
負担付贈与については、贈与者は、その負担の限度において、売主と同じく担保の責任を負う。

このあたりも少し引っかかったわけなのですが、こうして明記してあるということは無償で贈与していて、しかも担保責任も負うケースってあるのだろうか?もしくは過去そういった事例があったのだろうか?とちょっと考えてしまいますね。もちろん贈与者が悪意の場合担保責任を負うというのは納得できるのですが…。これは少し調べてみると面白そうです。

特殊の贈与

この3点についてはそのままという感じでしたが、初めの負担付き贈与の部分に関しては双務契約に関する規定(同時履行の抗弁権、危険負担など)も準用されるというところに気をつけておきたいですね。